ライティング依頼|退職・転職系実績

2022年夏より、転職退職系サイト「退職EXPERT |男の退職」への記事執筆も行っています。

 

実は、転職系サイトや昨今主流になってきている退職代行系を運営されている方のお悩みの1つは、大手企業が運営の転職系によるサイトパワーでSEO上位表示が難しいのですというお悩みをよく聞きます。

 

個人で運営されているサイト様やアフィリエイトブロガー様からのご相談も賜ります。

 

大切なことは、自社商品の宣伝でSEO上位表示を狙う記事だけでなく、SEO月間検索数は取れなくても、顧客が知りたいかもしれない、知っておくと便利だという情報を盛り込んだSEOを抜きにしたページも作成してあげる事で満足度が増し結果サイトの回遊率が上がるという現状がおこります。


制作期間:3日  実施内容:記事の企画、構成、ライティング、画像作成
ポイント:「ブラック企業での色々な事例を知りたい」という退職を考えている20~30代向けの記事
成果:キーワード「いじめ ブラック企業 退職」でGoogle検索順位 第1位 (2022年10月現在)

 

Googleは、SEOを重視しますが、サイト回遊率、離脱率等も含めてサイト全体を評価していると考えられるので顧客満足度が高いページを作成することに注力する事も大切になってきます。

 

ドメインパワーが小さいサイトでは「ビックキーワード」で1位を取りに行く手法ではなく「スモールキーワード」でたくさんトップ記事をためてサイトにある程度の力が備わってきたところでビックキーワードを取りに行くという方法が実は最も適したサイトSEOだったりします。

 

大手企業運営の転職系サイト等に対抗するには、サイトパワーにも増すSEOライティングのノウハウを駆使した執筆が必須となって来ることが、お分かり頂けるのではないでしょうか?


制作期間:5日  実施内容:記事の企画、構成、ライティング、画像作成
ポイント:「退職代行 比較」でGoogle掲載数3.180,000件、月間Google検索数500件のスモールキーワード、実際にこのキーワードで調べている人がいて、サイト流入数は上がってきている。
成果:キーワード「退職代行 比較 選び方」で記事掲載1カ月でGoogle検索順位 第25位、「退職代行 比較」で記事掲載1カ月でGoogle検索順位 第80位 (2022年10月現在)

 

記事本文に何を織り交ぜながら書き上げていくと上位表示が取れるのか、タイトルのつけ方、大手企業とは、ほんの少しずらしたSEOを狙う等により確実に上位表示できる記事が仕上がります。

 

お客様の中には記事をあげたらすぐにGoogle上位表示できると思われている方も多いのですが、どんなに良い記事でもGoogleのSEOでトップの上位表示に上がってくるのは半年程度、ビックキーワードであれば1年程度かかるということもある、ということを理解しておいてほしいところです。

page top